Return to site

【限定5名】やんばるはちみつ 単号申し込みキャンペーン実施中

1/22(月)10時まで

<単号だけのお試しキャンペーン実施中!>
おきなわ食べる通信12月号の特集は、やんばるの自然そのままの天然はちみつ。養蜂家の三浦大樹さんの特集です。(昨年10月に沖縄を通過した台風の影響で生産が遅れ、ようやく今月お届けできることになりました)

今回、三浦さんのストーリを綴ったタブロイド紙とともにお届けするのは、ちょっと特別な、三浦さんがやんばるのミツバチと一緒に作っているはちみつです。

日本で、冬に取れるはちみつは、唯一、沖縄だけ。
とれたてを、そのまま瓶詰めしてご自宅までお届けします。
 また、那覇市にある「シマのお菓子屋さん、PeliPeli」の岸信さんが、おきなわ食べる通信の読者のために特別に作ってくれた「はちみつのアマンディーヌ」を2個セットでお届けします。(店頭では販売されていません)

<お試しセット>

三浦さんを特集したタブロイド紙 

      と
1、やんばるはちみつ 100g 1本 
2、はちみつのアマンディーヌ 2個

(県外お届けのお申し込み)→ https://taberu.me/refill/beehappy-kengai
(県内お届けのお申し込み)→ https://taberu.me/refill/beehappy-kennai

 今回は、三浦さんが2年ほど前からみつばちの巣箱を置くようになった沖縄島北部に広がる森林地域「やんばる」にある名護市源河の森奥深くで採れたはちみつをお届けします。名付けて、「やんばるはちみつ」。

 やんばるの森の中には、冬に花を咲かせるフカノキがあり、日本でこの花の蜜が採れるのは沖縄だけ。とても貴重なはちみつなのです。

 キックの効いた苦みの後に香り高く、濃厚な味わいの甘さが出てくるはちみつ。ホットケーキやトースト、バニラアイスにかけるのは定番ですが、寒い今の季節は、生姜湯や生姜紅茶などに入れて身体を温めるのもいいですね。
3月には読者限定の、やんばるツアー第2弾も実施予定です。

*数量5セット限定・1号だけ試し読みできる申し込みキャンペーンです。
「おいしいおきなわ」を体験してみませんか。

(県外お届けのお申し込み)→ https://taberu.me/refill/beehappy-kengai
(県内お届けのお申し込み)→ https://taberu.me/refill/beehappy-kennai

 

※先着順で申し込みを受け付けます。定数に達し次第締め切らせていただきます。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly