• 「おきなわ食べる通信」は、

    南の島々で「ぬちぐすい」を育てる作り手を特集した

    「タブロイド紙」と「食べもの」がセットで届く定期購読紙です。

    食べることは、ぬちぐすい(命の薬)

  • おきなわ食べる通信とは

    沖縄の食のスペシャリストたちを特集した

    「タブロイド紙」と「食べもの」がセットで届く定期購読紙です。

    みなさんも、一緒に参加しませんか?

    ●参加(定期購読)すると、ご自宅に「作り手を紹介したタブロイド紙」と「その作り手が作った食べもののお試し食材」が届きます。

     

    ●紹介する作り手は、沖縄の島々で、大量には生産できないけれど、「ぬちぐすい(命の薬)」になる食べものを、独自の理念で一生懸命育てている人達です。

     

    ●ただ読んで食べるだけでなく、作り手と応援団である読者は、Facebook・イベント・実際の生産地を訪ねて交流を深め、お互いが直接つながり合うコミュニティーです。

    沖縄は「行くところ」から「帰るところ」に

    「“ぬちぐすい”(命の薬)になる食べもの」をいただいたりお礼を言ったりしているうちに、「つくる人」と「食べる人」は顔が見える関係になります。

    また、実際に、「つくる人」のところに足を運んでいるうちに、もうひとつの「ふるさと」ができる。今までは遊びに行くだけだった沖縄が、「ただいま」と帰る場所になります。

    県内人も、沖縄の本当に美味しいものを子供に伝えていくことができます。

  • 新着情報

    イベントのお知らせや報告です

  • 編集部から読者の皆様へ

    食べることは ぬちぐすい

    「命の薬」をつくる人々の思いを皆様へ

     

    沖縄のご年配の方々が、食事の後、

    「ごちそうさま」の代わりに使う言葉があります。

     

    「くすい、ないびたん」。

     

    直訳すると、「お薬になりました」。

     

    先人たちは食べることの大切さを常に実感していたのでしょうね。

    体が欲する何かを感じ、旬の食材にそれを見つけ、栄養価がもっとも得られるような調理法で食する。食べることはすなわち、体の薬。だから自然に感嘆の言葉がもれました。

     

    「あぁ、ぬちぐすいやっさー」(あぁ、命の薬だ)

     

    今、日本には食べるものがあふれています。国境を軽々と越え、旬さえもあやふやになるほど、さまざまな技術で育てられた食材が豊富です。

     

    一方で、食の安全性について警鐘を鳴らす人々も増えてきました。食べることが本当に『命の薬』になっているのか、今一度立ち止まって見つめ直す時代に来ているようにも思えます。

     

    生産者の側にも、「自分の家族に自信を持って食べさせられるものをつくりたい」という意識を持つ人が増え、農薬、肥料、飼料とさまざまに工夫し、胸を張って消費者に食べてもらえるものづくりを実践している人たちがいます。

     

    「食べる通信」は、そういう生産者を多くの方々に知ってもらいたいと、2013年に東北で誕生しました。誌面で生産者の思いを可能な限り伝え、紹介した方々がつくった生産物を、少量ではありますが、紙面とともに読者にお届けする、新しいタイプの、「食べ物付き情報誌」です。

     

    この手法に共感する声が全国から上がって次々と仲間が増え、

    私たち「おきなわ食べる通信」も約30番目のメンバーとして

    2016年に仲間入りを果たしました。

     

    「安い・早い・大量生産」という一般的な流通食品とは真逆の、

    「安くないし、採れるときにしか採れないし、おまけに少量しか

    生産できない」けれども、熱いこだわりを持って「命の薬」を

    育てる方々の思いを、私たちは、亜熱帯の島・沖縄から、発信

    していきます。

     

    南の島々で「命の薬(ぬちぐすい)」を育てる皆さん

    の思いを読んで、食べていただき、その応援団に加わって

    いただければ、何よりもうれしいです。

     

    生産者と直接触れ合える農場体験企画などもどんどん

    発信していきます。

     

    そのときは、沖縄でお会いしましょうね。

  • 創刊から1年間の特集

    「いただきます」をつくる人たち

    創刊号 2016/08

    糸満市 前田 英章さんの「純黒糖」

    前田さんらが立ち上げた農水苑・虹では、肥料まで手作りし、

    有機栽培の畑で育てたさとうきびだけを原料に、水飴や保存料などの添加物を一切使用しない「純黒糖」を作っています。

    第2号 2016/10

    久米島 山城昌泉さんの「久米島赤鶏」

    久米島の名水を飲ませ、泡盛の酒粕やウコンなども飼料に加え、広々とした鶏舎でゆっくり育てられる久米島赤鶏 。大きな ものは3キロにもなるという、新たな島の名物です。

    第3号 2016/12

    今帰仁村 高田勝さんの「今帰仁アグー」

    西洋種と交配させることなく、沖縄在来のアグーだけを飼育している高田さんたちの農業生産法人(有)今帰仁アグーをご紹介し、在来種の貴重さをお伝えします。

    定期購読のお申込み 受付中! 

    第4号 2017/02

    名護市 芳野幸雄さんの「やんばる春野菜」

    沖縄本島北部のやんばるで、「うれしい・楽しい・美味しい野菜づくり」に励む芳野さんが結成した「やんばる畑人(はる さー)くらぶ」の取り組みをご紹介します。

    第5号 2017/04

    糸満市 大城忠さんの「活もずく」

    海人の街・糸満市で、もずくを栽培する大城さん。天然漁場である名城の海岸で、肥料や薬剤を使わず、美しい海や太陽の恵みだけで育てた活もずくの魅力をお伝えします。

    第6号 2017/06

    恩納村 溝江冨久雄さんの

    「島小麦(沖縄そば)」

    沖縄県麦生産組合を結成し、無農薬で小麦を育てる仲間を増やしている溝江さん。県産小麦粉を使った沖縄そば屋さんと提携したり、オリジナルの菓子づくりを目指し奮闘しています。

    第7号以降も企画進行中。お楽しみに!

  • 編集部スタッフ

    おきなわ食べる通信は、沖縄と東京にあるふたつの編集拠点で運営しています。

    唐木 徹

    東京編集室 編集長

    長嶺 哲成

    沖縄編集室 編集長

    三島 紀子

    副編集長

    古川 喜子

    メインコーディネーター

    嘉納 辰彦

    さしんぬじゃー

    (写真家)

    三宅 ひさこ

    デザイン・イラスト

    (若原アトリエ)

    奈良 英樹

    システムデザイン

    秋井 紘太

    コーディネーター

    川瀬 健太郎

    食品衛生管理責任者

    丸山 康人

    アドバイザー

    横山 秀樹

    発行人

    (株式会社マーケティングフォースジャパン)

All Posts
×